17話「エピロオグ」

鬱ノ宮高校の悲劇 第17話「エピロオグ」 鬱ノ宮高校新聞部の部室。 こういう場所は15年経っても意外と変化しないものだ。 記念式典が終わって、 そこを訪れたのは現理事長と現教頭。 元新聞部部長の小沢七雲と、 新聞部と敵対していた元風紀委員長、右田翼だ。 「入れ」 尊大な女子の声。 「緑子ちゃん!  …
コメント:0

続きを読むread more

16話「嘘をつかない仕事はやっぱりいい」

鬱ノ宮高校の悲劇 第16話「嘘をつかない仕事はやっぱりいい」 「理事長!」 スーツ姿の30歳前後の若者が駆けて来て言った。 「式典の準備ががもうすぐ整うぞ!」 石碑の前にしゃがみこんでいた、 理事長と言われた人物が振り返る。 「わかりました。右田教頭先生」 赤い髪の、やはり30くらいの女性。 …
コメント:0

続きを読むread more

15話「制御下でしか制御できない」

鬱ノ宮高校の悲劇 第15話「制御下でしか制御できない」 ジリリリリリリリ 遠くでは民井理事長が携帯電話に叫んでいる。 「そうだ! USA高校に大至急救援を頼め! そうだ! もう意地を張ってる場合じゃない! あ、あとEU学園猿故事分校にも連絡を!」 民井教頭も指示に必死だ。 「そうです! USSR高校に…
コメント:0

続きを読むread more

14話「どうしてそんなことに」

鬱ノ宮高校の悲劇 第14話「どうしてそんなことに」 「仕方がない。私が行こう」 まず滅多に部室の外に出ない緑子も、 この時は校庭にいた。 ジリリリリリリリリリリ 非常ベルは鳴りっ放し。 生徒も教職員も校庭で右往左往している。 「えっ? 大丈夫なの?緑子ちゃん。 不死だから平気なの?」 七雲がベルに…
コメント:0

続きを読むread more

13話「死にに行けと言ってるのと同じ」

鬱ノ宮高校の悲劇 第13話「死にに行けと言ってるのと同じ」 ジリリリリリリリリリ 朝から鬱高校舎内に非常ベルが鳴り響く。 「容器内、温度圧力ともに上昇!」 「燃料棒露出、損傷拡大!」 「溶融、再臨界の可能性はないのかッ」 「弁を開いて○○性ガスを放出します!」 「使用済○○○プール付近から煙が!」 「水素爆…
コメント:0

続きを読むread more

12話「それぞれの前夜」

鬱ノ宮高校の悲劇 第18話「それぞれの前夜」 右田核栄とその実子翼。 畳敷きの広い道場に正坐して向き合っている。 「未来や子孫のための政治…だと?」 「御意ッ」翼は両手をついたまま答える。 「ふふん。…よぉく聞け、翼。 ワシは戦前の生まれだ」 「はッ」 「当時の大人どもがワシらに残してくれたもの…
コメント:0

続きを読むread more

11話「俺のせいにされてたまるか」

鬱ノ宮高校の悲劇 第11話「俺のせいにされてたまるか」 密室に男が2人。 そのうちの背の低いほう、民井幸教頭が言う。 「兄さん。逃げ腰の逃電に任せきりではなく、 理事長や教頭が指揮をとるべき、 という声があがってるんですが…」 「ふざけるなッ」 背の高いほう、民井完理事長が 例によって短…
コメント:0

続きを読むread more